5月になると時々、夏日になることもあり気温も上昇してきました。

 気温が高くなると、頭皮の汗や皮脂の分泌が多くなります。これが頭皮に残るとかゆみが出たり、臭いが出たりしてトラブルが起こりやすくなります。

 そこで毎日のシャンプーは欠かせません。

 夏になると夏用のスゥーとするシャンプー剤がでます。スッキリして気持ちがよいのですが、あまり刺激の強いものは要注意です。

 シャンプーの回数が多くなったら、1回のシャンプーはしっかりと洗う必要がありません。

 シャンプー剤はできるだけ少量にして、頭皮に残らないように十分に流してください。

 夏は暑くて洗いすぎる傾向があります。

 洗いすぎるというのは洗う回数が多いというだけでなく、洗浄力の強い界面活性剤のシャンプー剤を使ったり、必要以上にシャンプー剤を多く使って、流し切れないでシャンプー剤が残ってしまうことです。

 夏は暑くて体調もくずしやすいので注意が必要です。特に睡眠不足や消化器系の不調は髪の健康に悪い影響を及ぼします。

 シャンプーなどの髪の手入れが悪いと秋の抜け毛の原因になるので、夏の体調管理とヘアケアに心がけて髪の健康をまもりましょう。