あなたは子どもさんにシャンプーの方法を教えたことがありますか。
ほとんどの方がないでしょう。

安心してください。他の皆さんも教えたことはないんです。

それはご自分がシャンプーのことをはっきり知っていないからです。
つまり、親にも教えてもらったことがないいんです。

今、食育といって子どもの将来の健康のために食生活を改善しようという風潮が高まっています。すごく大切で、よいことです。

それでは、髪育という言葉を聞いたことがありますか。

これは食育と同じように子どもの将来の髪の健康のために髪の手入れのことを勉強するのです。

今、日本人の髪がどんどん悪くなっています。男性は薄毛化、女性は細毛化です。男性で薄毛で悩んでいる人は800万人と言われています。

テレビで男性の薄毛対策の育毛剤や女性の細毛対策のウイッグの宣伝を盛んにしているのを見ると悩んでいる人が、いかに多いというのがわかります。

薄毛や細毛の原因の一つに、長年続けている間違った手入れがあります。子どもの頃からの間違った手入れの習慣です。

そのような間違ったことを正すために、おやが勉強して子どもにそれを伝えようという行動を始めました。それがNPO法人 藁の束 おやの学校の 子どもシャンプー教室です。ホームページをご覧ください。

次回は子どものシャンプーについて書きましょう。



コメント
コメントする