最近、新聞などに育毛剤の広告が目立ちます。 今までになっかったメーカーの参入が多いようです。 育毛剤の売り上げは景気に影響されないので、不況になると育毛剤の販売が活発になるのです。 販売方法で気になるのは、1ヶ月使ってみて効果がなかったら全額返金しますということです。その効果を決めるのは使った人自身だそうです。 これは商品に対する自信の表れとみてもらうための方法なのです。問題なのは買った皆んなが返金してくれと言ったらビジネスとして成り立たないはずです。ところが実際に返金を要求してくるのは多くて20%だそうです。十分にビジネスは成り立つのです。 ここで問題なのは使った人の80%が効果を認めたのか、ということです。生理学的に見ると育毛の効果は1ヶ月くらいでは判定できません。3〜6ヶ月はかかるのです。 このような売り方では長続はしないのです。本当に効果が出るまで行かないのです。 このようなことが起こるのは薄毛で悩んでいる人が正しい知識を持っていないからです。そこをつけけ込まれて育毛剤を買わされてしまうのです。 育毛剤を使えば良いという育毛では効果は望めません。 髪のことをよく知ってから育毛に取り組みましょう。
コメント
コメントする